唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

若狭見聞録

~仕事、音楽、ランニングを全力で楽しむ~

ラスク屋が地域商社に?

製造後、オバマというフレーズで知名度を上げた小浜市へ。

 

 

ネクタイを着用し商談会へ参加しました。

気合いだ!気合いだ!嫌いだ!

 

f:id:k-nazato:20170427144424j:image

 

今回は、小浜の丸海さんという空前絶後の会社へお邪魔し、これまた超絶怒号のヤスザキグループさんと商談させて頂きました。丸海さんが若狭の地域商社となり、ヤスザキさんが嶺北で販路を拡大して頂けるという運びです。マジごいすー。2000万パワーズ。

 

f:id:k-nazato:20170427161017j:image

 

 ウチも最近は地域商社的な事をさせて頂いてますが、両者のやり取りを聞き、こういう規模の会社のやる事なんだよなー・・と感じてしまった次第です。ウチの出来る事といえば、まず自社の商品を突破口とし、その後に地域商品を特攻んでいく事ぐらいかと考えています。偉そうに、スンマセン。

 

f:id:k-nazato:20170427144441j:image

 

 

そう言えば、地域商社に関する面白そうなツイートがありました。

 

高浜、頑張ろうぜ!

ミサイルがブチ込まれそうな日に。

晴れてるだけで朝から気分が良くなりますね。

 

f:id:k-nazato:20170426165114j:image

 

こんな日に”ミサイル”が飛んでくるなんて信じがたい話ですが、町のHPや有線放送には避難方法等がアナウンスされ、念のため避難経路を確認。ぼ、僕は、ここまで戦争を身近に感じたのは初めてなんだな。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165124j:image

 

 

そんな恐怖心も数時間後には日本海沖に飛んでいったようで、ヘッドフォンで音楽鑑賞にしけこみました。

 

普段からカーステで聞いたりはしていますが

鑑賞レベルで音楽に触れたのは数年振り。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165134p:image

 

 

この”ONKYO”の音楽アプリが優れた奴で、抜群の音質で聞かせてくれます。EQもプロの設定を何パターンか備え、iPhone備え付けのイヤフォンでも判るほど音質を変えてくれます。何より無料ってのが素晴らしい。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165153j:image

 

 

高校の頃よく聞いた曲を聴き直してみると、当時は聞こえなかった、エフェクト、ミックス、マスタリング、ベースのスライド等の細かいニュアンスが分かり、ちょっと俺の耳凄くね?みたいな感覚に陥る事が出来る。

肩身の狭い社会人バンドが優越感をもてるのは、学生時代の自分に対してのみ。虚しい。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165159j:image

 

 

それにしても、ノイズキャンセリングって耳が疲れる。長時間のリスニングには不向きですな。

 

このアプリは、ONKYOのヘッドフォンなら専用のセッティングがあるようなので今年の短冊にお願いを書いてみよう。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165216j:image

 

 

労働後は息子と散歩。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165234j:image

 

 

いよいよ自転車に挑戦です。

 

 

f:id:k-nazato:20170426165238j:image

 

 

ミサイル飛んでこなくて良かった。

当たり前の日常に感謝。

 

 

では、お手を拝借。 

消費者向き。

先日の続き。

GarageBandを使ってみました。

 

 

f:id:k-nazato:20170425064950p:image

 

 

慣れれば正直使いやすい。そして単純に音質が良い。宅録野郎としては大きなメリットです。少し扱いにくかったループ素材もSONA LEよりは使い勝手が良くなりました。定期的にアップデートされるシステムは良いですね。僕の中でも完全にドラムマシンを超えました。個人の音源制作は、GarageBandで完結出来そう。そんなところまで来ました。

 

続いて、先日のブログで触れたバンドでの音源制作(主に生ドラレコーディング)については

k-adlib.hatenablog.com

 

iPhoneにiRig Mic Field等の高音質外部マイクを装着すれば解決できそうです。しかも24bit。ポテンシャル上は3万ぐらいのマイクに引けを取りません。実に興味深い。

 

 

f:id:k-nazato:20170425083814j:plain

 

 ↑

そうなると、リニアPCMレコが可能なLS-14 の出番が減りそうなのが悩み。ライブ音源の記録用に使おうか?下手っぴな演奏と、まばらな拍手を高音質で残すなんて気持ち悪くないだろうか。要検討。

 

我が家には前出の機材と同じく冬眠中の機材がチラリホラリ。省察するに、新商品のベネフィット戦略に見事に引っかかり、順次購入してしまってる僕は商売人より消費者向きであると再認識。

 

 

では、お手を拝借!!

 

 

【私のお店はコチラ】

 

[営業時間]

月~金⇒8-16時頃

土曜⇒午前のみ(お休みさせて頂く事もございます)

日曜⇒定休

 

[ラスクのギフトについて]
お中元・お歳暮・誕生日・結婚式・御供・etc 可能な限りご希望に添える形でご用意させて頂きます。 ※ギフトの御注文は1週間前までにご予約頂けると助かります。 前日や当日は品切れにより、ご用意が出来ない場合がございます。

[食パンについて]
毎週"木曜"ご予約限定で食パンを焼いています。
トーストしなくても美味しい無添加食パンを是非お召し上がり下さい。
※現在、新規の配達は1ヶ月コース、1回2斤~とさせて頂いてます。

【ショップ紹介】

 

"Mugiwa Live"への出演を検討しているバンドさん限定!!

むぎわら帽子2階をバンド練習の場所として貸出中!!

※練習には立ち合いません。

 

楽器片手に全国を行脚中のアーティストの皆さん

海の見えるライブスペースで演奏をしませんか?

 

f:id:k-nazato:20170329203348j:plain


【Mugiwa Live 出演方法】

次回のムギワライブは2017年5月最終に土曜に予定しています。

出演をご希望の方は、コメント、E-mail、お電話 いずれかでお問合せ下さい。

E-mail : k-nazato@mugiwara-boshi.com

電話番号:0770-72-2681

イベントは良いよー♪ネット回線が不要なSNSだよー。

【以下、近い日程から順にイベント情報です】

・6月3日(土)滋賀 BARI-HARI”藤堂 PRESENTS”

【宅録】GarageBandに浮気。

さて、今日は音楽です。

MTRからDAWへ移行する日がやってきた!?

備忘録を兼ねて超初心者さん用に記録しておきます。

 

f:id:k-nazato:20170422070002j:image

 

宅録で一番難しいのは?

やはり”ドラム”です。レコーディングスタジオで録った事がありますが、それでも迫力に欠ける薄っぺらいサウンドで本当に驚きました。返金してほしい。レコーディングは機材だけではありません。エンジニアさんのテクニックあってこそです。それからというもの、私はより宅録の森の奥地へと進む事になりました。

 

iPhoneのボイスメモも捨て難い

サンプリング周波数48kHz/16bitですから、カセットMTR世代からすると、すでに十分な高音質と手軽さを兼ね備えています。しかもiPhone7は3基のマイクを内臓していますからね。いい時代ですね。

 

とは言え、リスニング用としては力不足。自主レーベルとして販売しているなら尚更であります。

 

 

ドラム録りにマイクは必須 

一番の悩みどころはマイキング。非常に高度な技術を有するうえ、マイクの数に比例してメモリを多用するので、フリーズ等の不具合が生じる可能性が高くなるという厄介な悩み。生ドラムをクリアに録るのは宅録では不可能でしょう。

 

それでも自分の楽器の音を残したいのがプレーヤー心ってもの。私はMTRでの宅録(リハスタも)でしたら、マイク3本でのドラムレコーディングを推奨します。

 

f:id:k-nazato:20170422070321j:image

 

しかしDAWに必要なオーディオインターフェースでは2inputが一般的。そう、マイクが2本までしか使用する事が出来ません。私はギタリストなので、3チャンネル以上のオーディオインターフェースは必要ありません。

 

そんな影響もあってか?宅録では”エレドラ”でのレコーディングを多くみかけます。後々の処理の際も圧倒的に楽ですので当然の流れです。

 

zoom R16何かは手頃ですし扱いやすそうですが、たかが3万、されど3万。やはりドラムの為の機材投入は、 ドラマーにお願いしたいのが本音です。(これ、ガレージバンドへの移行で解決します。詳細は後程か後日w)

 

 

サンプリング音源の進化

仮想ドラムの音質が進化して(そりゃプロが叩き、プロがマイキングした本物の音だからね)宅録では打込みが完全に主流の時代になったんですかね。エレドラも安くなりましたもんね。バンドとレコ活を並行して進めるのは難しいな〜。と、他に悩む事ないんかい!ってぐらい悩んでいます。

 

そんな中

「ちょっと俺を使ってみてよ」

と、iPhoneに入っているGarageBandが笑顔で訴えかける。

「1回だけならいっか。」私は心の隙を突かれ助手席へ乗り込んでしまった。

 

 

 

無料っておかしくない?

サンプラーまでついて無料とか理解できません。

6.7万出して買ってたんですけど・・。

そりゃ機能は違うけどさ。

 

f:id:k-nazato:20170422070235p:image

 

打込みでも弊バンドドラマーの血が通うように、ドラムの音をスマホに取り込みたいんですよね。リバーブ(部屋鳴り)が入りすぎてる気がしますが、打込みと混ぜると面白い感じに仕上がりそうです。今回はマイク無し(スマホ直)で取り込んだので、作り込む事になったら改めて挑戦してみましょう。

 

マイキング、シールド、色んな手間を考えると、DAWの手軽さは本当に素晴らしいですね。準備、片付け、掃除を考えるとホンマ楽。

 

f:id:k-nazato:20170422070327j:image

 

こんなマイクセッティングの時間を省略して、ギターや作曲の時間に充てるべき?とか思いながらも、基本的に好きなんでしょうね・・

 

f:id:k-nazato:20170422070330j:image

 

気分がノッてきたので

シールドを部屋に持ち込み

 

f:id:k-nazato:20170422070402j:image

 

子守りをしつつ部屋ギターで試奏。

”ライブに子供を連れてくる際は耳栓を”と、布袋氏が仰るように、子供のナイーブな耳には絶対に爆音を聞かせたくない派なので、その点でもDAWは良いですね。親の爆音で難聴になるなんて、受動喫煙で癌になるようなもんです。

 

f:id:k-nazato:20170422070408j:image

 

久々のiRigPRO

コレでiPhoneとギターを繋ぎます。

 

 f:id:k-nazato:20170422074137j:image

 

DAWアプリはGarageBandを選択。

Amplitubeも入ってますが、本格的にやるならCubasisを入れる予定なので、今のところどっちでもいい感じです。

 

f:id:k-nazato:20170422141004j:image

 

PCにはSONARやその他のDAWソフトもインストールされており、まったくまとまりのない制作環境になっています。性格な…

 

f:id:k-nazato:20170422070412p:image

 

GarageBandのアンプシュミレーター画面。

本物のアンプと音質を比較してはいけませんが(そもそもスマホのスピーカーで鳴らしてますし)、その他の楽器と馴染みやすくミックスしやすいという印象を受けました。音源制作という面ではアリだと思います。

 

私は部屋鳴りが大好物で、その場所特有の空気感を音として残したい派なのですが、自然な残響を味付けしてくれるので癖になりそう。

 

今度、ガチギター、ガチシールドで挑みますね。GarageBandだけで音源が完成したら、ブログで紹介したいと思いますので気長にお待ちください。

 

 

では、本日もお手を拝借!!

 

ヘッドフォン端子の変換プラグは金と銀のどっちがおすすめなのか。

金と銀、どっちがいいの?

 

宅録する人の必需品、ヘッドフォンの端子変換プラグ。

金と銀がある事は、ご存知だと思いますが

さてさて音質に違いはあるのでしょうか?

 

 

f:id:k-nazato:20170419144916j:image

 

 

金メッキはサビ(耐腐食性)に強く、結果として接触不良になる確率が少ないという理由で採用されているようです。メッキの品質にもよるようですし、シルバーの上から安価な金メッキを施している品もあるようです。18金メッキが施されていると”分かる人には分かる”レベルで変化があるようです。金を使うと音質がソフトに聴こえ、クラシックやボーカル向けな音質にしてくれるそうです。ほんまでっか?

 

 

f:id:k-nazato:20170419144928j:image

 

 

続きまして銀ちゃん。

コチラはニッケルメッキという素材で、経年劣化で表面が曇ってきますので、無水エタノールを使って磨くと良いとされています。見た目では”金”の方が良く感じられますが、10万を超えるようなヘッドフォンでもシルバー端子を採用している物もありますので、一概には言えないと思います。因みにEarPodsはシルバー端子です。一般的にロック等をリスニングするのに最適なプラグと言われています。ほんまでっか?

 

 

f:id:k-nazato:20170419144932j:image

 

 

因みに、無水エタノールは500mlで900円前後で手に入れる事が出来るようです。商品リンクは貼らない事にします。お手数ですが検索をお願いします。

 

 

ヘッドフォン端子をお探しの方は、サウンドハウスさん等で検索して下さい。Classic Pro製ですと、金が80円、銀が100円で販売されています。この20円の差額に答えがあるのかもしれません。

※ヘッドフォン端子は音質を改善する製品ではありません。

 

 

では、本日もお手を拝借!!

 

 

 

BOSEヘッドフォンのイヤーバッド(クッション)を交換してきた話

f:id:k-nazato:20170415203745j:plain

 

先日のブログにも登場したBOSEのヘッドフォンですが

 

k-adlib.hatenablog.com

 

 

実は、イヤーパッド(クッション)がいかれてまして

 

 

f:id:k-nazato:20170417135235j:image

 

 

大阪へ行くついでに、グランフロントへ寄り

北館5FにあるBOSEダイレクトストアで交換してもらいました。

 

f:id:k-nazato:20170417212556j:plain

 

 

所要時間は5分ちょいかな?

交換時間も”4,860円”

 

 

f:id:k-nazato:20170419070352j:image

 

 

パッドに溜まったゴミの掃除もしてくれて

セルフ交換と比較して¥1,500高いだけ。

これで安心が買えると思えば安い?

 

 

f:id:k-nazato:20170417135305j:image

 

 

Google先生に聞けば、交換方法から

安価な互換品との交換方法も出てきますが

せっかくですので、正規品をチョイスしたいと思います。

 

 

Amazonで部品だけ取寄せれば”2980円”

オフィシャルサイトで交換について解説したページがあります。

 

www.bose.co.jp

 

www.bose.co.jp

 

f:id:k-nazato:20170417135315j:image

 

 

ノイズキャンセリング機能に惚れ込んで

飛行機やバス、電車での移動を快適にすべく購入。

 

 

5年で何回公共の交通機関を使ったかな・・

まぁ電話にも使えますし、スカイプ等で重宝しました。

 

 

f:id:k-nazato:20170417135328j:image

 

 

実は”+10,000円(つまり、パッドの交換も含めて15,000円)”で

新品と交換する事も可能です。次回は新品に交換しようと思う。

 

 

でも、その頃にはiPhoneは完全にワイヤレス化してそう。

今でさえ、リスニング用のヘッドフォンアンプを購入するか迷う。

 

 

最後に、イヤーバッド交換の動画を見つけたのでリンクを貼っておきます。

www.youtube.com

 

 

では、お手を拝借!

 

自宅スタジオによるミックスダウン

自宅スタジオは効率とリラックス重視

年々細かい機材が増え、自宅スタジオは足の踏み場が無くなってくる。特に無駄に長めを買ってしまったケーブル類。

 

f:id:k-nazato:20170919075524j:image

 

この場所は本業の作業場であり、副業的にイベントやレコーディングを行っているため、その都度、適した配置にしている。

 

この運営スタイルを15年続けていますが、いまだに配置には悩むところ。先述の通り機材も増えますしね。

 

エフェクターラックの購入も検討しましたが、それでは余計に狭くなるだけなので、簡易の棚を作ってみる事にしました。

 

f:id:k-nazato:20170919080139j:image

 

ミキサーの重さに耐えうる材木

 

f:id:k-nazato:20170919080221j:image

 

カットしてもらえるホームセンターではなかったので、仕方なくセルフで。

 

f:id:k-nazato:20170919080310j:image

 

発泡スチロールのレンガに板を乗せて

簡易ラックの出来上がりです。

 

f:id:k-nazato:20170919080514j:image

 

リメイク前

f:id:k-nazato:20170919080557j:image

 

そもそも、今どきこんなドデカイMTRを自宅スタジオで使ってる人いるのかよ?と思いつつ…。

 

f:id:k-nazato:20170919080719j:image

 

綺麗に収まり自己満足。

 

f:id:k-nazato:20170919080755j:image

 

余っていた高さも有効に利用できました。

足元もスッキリしだしました。

 

f:id:k-nazato:20170919080948j:image

 

最後に上記写真の中心部に転がっているパワーアンプをラックに収めて完了です。

 

f:id:k-nazato:20170919081058j:image

 

それにしても、ワイヤーって邪魔ですね。

音質の事を考えなければ、ワイヤレス化したい。

 

 

 

ミックスダウンとは?

レコーディングした音源の調整をミックスダウンと言います。

下の画像に緑色の丸いチョボがありますが

チョボ1にギター

チョボ2にベース

といった風にレコーディングしていきます。

 

f:id:k-nazato:20170415203622j:image

 

 

ばぁ!でた!!!

またまたVS2400CDの登場です。

 

 

こんだけVS2400の事を書いてたら

ROLANDさんから、もう1台進呈して頂けんかな?(笑)

 

レコーディングとミックスダウンについて

 

先日のリハで急遽レコ∸ディングを行ったので

ミックス作業に取り掛かりました。

 

f:id:k-nazato:20170415203644j:image

 

 

この緑の液晶部分を外部ディスプレイに出力しています。

 

f:id:k-nazato:20170415203631j:image

 

 

レコーディングと言いましても

ホント簡易なバージョンで

9トラックしか使用していません。

 

 

ドラムに3トラック

ボーカル&コーラスに3トラック

シンセに1トラック

ギターに1トラック

ベースに1トラック

以上。

 

 

コンプを原音が変わらない程度にかけて

音圧を少し上げて、2トラックにまとめます。

 

 

f:id:k-nazato:20170415203707j:image

 

 

ROLAND VS2400CDの最速は”×4”

お世辞にも早いとは言えませんが

1曲なんて大した時間ではありません。

 

 

f:id:k-nazato:20170415203735j:image

 

 

CDドライブにCD-Rをセットして

次、このドライブが開いた時は

マスターCDが誕生した瞬間です。

実に感慨深い。

 

 

f:id:k-nazato:20170415203745j:image

 

 

因みにマスタリングはBOSEのヘッドフォン。

店員さんに”坂本龍一”さんも愛用してると言われ

購入してしまいました。ミーハーでごめんなさい。

 

そんな龍一BOSEも5年ほど使用しています。

 

 

f:id:k-nazato:20170415203821j:image

 

 

完成した音源をさらにPCで処理します。

主に細かいノイズ処理やフェードアウト処理を行います。

 

 

f:id:k-nazato:20170415203833j:image

f:id:k-nazato:20170415203851j:image

 

 

1時間ほどで完成しましたが

神経を使うので疲れました。

 

 

こんなアナログレコーディングの話題

誰かの役に立つかな?w

 

 

それでは、本日もお手を拝借!!