唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~ラスクマニアの、ラスクマニアによる、ラスクマニアの為の政治、いや、ブログ~

ツアーバンドも出演ノルマ無し

Mugiwa Live ラスク・パン

f:id:k-nazato:20160408101516j:plain

 

都会のライブハウスでは

2000~2500円+ドリンク代は普通。

目当てのバンドの演奏時間は30分だ。

 

 

自身も経験があるのだが

2000円のチケットを買ってもらうのは容易ではない。

ノルマは20枚ほどあるのだから

4人編成のバンドで1人1万支払うのが普通だった。

 

 

そんな経験から、Mugiwa Live出演料無料に挑戦している。

インディーズツアーバンドの様な

初めての方は集客が見込めない為

1ライブ1組限定とさせてもらっているが

中々そんなハコは無いと思っている。

 

 

しかも、ウチのお客さんは温かい♪

知らないバンドだから帰るって事も多分ない。

 

 

また、ライブ終了後のセッションタイムが

Mugiwa Liveの醍醐味だ。

 

 

ライブカフェ(ライブバー)ならではの

面白い企画なんてないかな?と考えたのが

このセッションタイムだ。

 

 

初めて会場入りする演者さんも

是非とも地元のアーティストと仲良くなって

何度でも高浜町へ足を運んでほしい。

 

 

打上げも兼ねたセッションタイムなのだ。

このセッションタイムは

お客様の飛び込み演奏も歓迎しているが

今後、拡大していくにあたって

よく分からない人が来る可能性もあるので

演奏チャージという保険をかける必要が出てくるかもしれない。

(出来ればセッションは無料で楽しんで頂きたいのだが)

 

 

ライブ開催時以外も

セッションバーをオープンさせたいんですが

バー=飲酒しますし

代行の代金を考えると簡単ではない。

 

 

まして人口は1万人ほど・・

音楽家人口もごく僅か。

セッションDAYとしてイベントを開催するしかない。

 

 

しかしイメージしているのは

仕事帰りにフラーっとセッションにという文化なので

もうちょっと頭を捻る必要がある。

 

 

仕事帰りというと

ドラムは勿論、ギターやベースも置いておくべきですね。

夕食と音楽を楽しみに遊びに来てもらう場所って感じが喜ばれるのかな。

 

 

音楽とパンのMIXが少し見えてきた。

 

 

最近ファストフード店がやってる

ちょい飲みみたいな営業形態も気になる。

 

 

とにかく”楽しい空間”をご提供したいと思う。

 

 

k-adlib.hatenablog.com