唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

若狭見聞録

~仕事、音楽、ランニングを全力で楽しむ~

福井駅西口再開発ビル”はぴりん”にて若狭ラスク出品中。

福井駅西口再開発ビル”はぴりん”にて本日から開催の

高浜町の物産展にて”若狭ラスク”を出品させて頂きます♪

ラスクは賞味期限が長いので美味しさも長持ち

常温でOKと催事の申し子のようなスイーツです。

 

 

f:id:k-nazato:20160331092659j:plain

 

 

2009年から”若狭ラスク”として販売させて頂き

まだまだですが、徐々に若狭のお土産として浸透してきました。

これもイベントごとに声をかけて頂く

商工会さん、役場さん、観光協会さんをはじめ

ご利用頂いている皆様のおかげであります。

 

 

f:id:k-nazato:20160331092919j:plain

 

 

なぜ「若狭」ラスクなの?と良く聞かれますが

楽天へ出店を決めた際

微力ながら若狭の地名を発信していきたい!

という気持ちで命名しました。

 

 

たまに”高浜ラスク”って間違われますけどね。 

 

 

県外へ向けての若狭ラスクには

福井の米粉を使用した米粉ラスクもあり

若狭湾で採れた塩を使うなど

まだまだ工夫をこらしたいところですが

原価もあがってしまうので「地元向け」となると

その辺は求められてないと感じます。

 

 

逆に県外向けとなると美味しいだけでは

押しの弱い商品になってしまい

バイヤーから”あーだこーだ”虐められるハメになりますw

 

 

地元用、地元お土産用、県外用と

作り分けする必要があるのか

それとも売り先を一本化するか

(※例えばスーパーに置く商品を百貨店に置くというのは難しいから)

中途半端に県内外に取引があると

小さな業者には大きな問題です。

 

 

 

 

でも、やっぱり目指すところは

地産の素材を使用する事かなと思います。

じゃないと、いつまで経っても経済まわらんわ。

 

 

f:id:k-nazato:20160511070847j:plain

 

 

先日少しお話した

経産省認可の事業支援にも無事選定され

商工会さん主導で来週から動き出します。

滅多にないチャンス、最大限にいかしたいと思います。

 

 

f:id:k-nazato:20160405154807j:plain

 

 

昨日の地元オムニバスの話もそうですが

▽詳しくはコチラ 

k-adlib.hatenablog.com

 

 

 

今後はラスクやパンの枠を超えて

挑戦していく事業を計画しています。

 

 

 

完全にスイッチ入っとる。

 

 

 

▽コチラも読まれています。

 

k-adlib.hatenablog.com

 

 

▽WEB販売は自社さいとへ移行中です。

mugiwara.shop-pro.jp

 

【Mugiwa Live 出演方法】
次回のムギワライブは10月中旬以降開催予定です。
出演をご希望の方は、コメント、E-mailお電話
いずれかでお問合せ下さい。
E-mail:k-nazato@mugiwara-boshi.com
電話番号:0770-72-2681

※ラスクの仕事上、11月は開催が微妙です(*_*;

12月は繁忙期真っ最中なので開催いたしません。

 

【イベント販売用ラスク】

業務用で大変お買い得になっています。

ラスクは賞味期限も長いので美味しさも長持ち

軽いので女性スタッフにも優しい商品です。

会員登録で更にお得になっています。

mugiwara.shop-pro.jp