唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~拘りのラスク焼かせて頂いてます~

選ばれる理由が必要。

レーベルって立ち上げた後が大事だと思う。

f:id:k-nazato:20160414071859j:plain

 

 昨夜は"THE BREMENS"4人揃ってのリハでした。

 バンドとして復活して2度目のリハ。

そして、当レーベルに所属してから初のリハです。

 

 レーベルと言ってもプライベーターの延長上で

手探り状態のインディーズレーベルです。

 

名前は”Mugiwara Records(ムギワラレコーズ)”。

実をいうと立上げは2006年。

アマバンのレコーディングやイベント企画を行ってきました。

 

f:id:k-nazato:20160428090350j:plain

 

特に大阪でイベント企画をしていた頃に出会ったバンドの1組は

Mステに出演するぐらいビッグになってしまいました(汗)

 

昔はタワレコや地方のCDショップ

本屋さんへ営業して販売していただいてましたが

CDが売れない時代になると、それもハードルが下がり魅力が失せました。

(まぁそれでもタワレコHMVに並ぶと嬉しいんですが)

 

今やCDを置いてもらったり流通させるのは凄く簡単なのですが

そこがゴールじゃないからね。

手に取ってもらって、聞いてもらって、買って頂かなくちゃいけない。

今ならCDショップへ行ってもらう事さえハードルが高い。

CDじゃなくても、専門店への客足は遠のいてるのが現状でしょう。

 

筆者は自営業者ですが、音楽も製品も作るのは難しくありません。その後が難しい。農業であれば生産者さんから直売で一般的な市場より安価に手に入るメリットがあります。しかも鮮度も良かったりする。

反して音楽は?メジャーの市場に乗れない音は必ずしも農業と同じとは言えない。ニッチで品質の良く分からない物をいくら”一生懸命作りました”と頭を下げられても必要ないのが普通・・・。書いてて自分で凹む。

 

音楽も商品も地域も全て、選ばれる理由が必要なのだ。 

 

 

今や物は溢れ、音楽は無料で聞けると言ってもいい時代。その中で競合にも負けない魅力を考えなければいけないのだから簡単ではない。現代でのポイントは、まず接点を増やす事と考えている。情報を発信し、商品や生産者に関心を持ってもらうのだ。その為にSNSの活用は欠かせない。

 

 

周囲と同じ事をしていては目に留まらないし記憶にも残らない。上のtwitterの様に、突き抜ける必要性がある。県内にこんなオモローな人がいると勇気をもらえますな。ちょっくら奇抜な事を考えてみるとします。

 

では、お手を拝借!

 

▽コチラも読まれています。

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com