唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~拘りのラスク焼かせて頂いてます~

人気ラスクの”むぎわら帽子”新事業

お取り寄せ・通販で人気のラスクの次は?

twitterでは先に情報公開させて頂きましたが

むぎわら帽子はメーカー業に加えリテイル業も行う事になりました。

 

 

f:id:k-nazato:20160720155532j:plain

 

 

従来の若狭ラスクに加え

高浜の名産、特産を全国、海外へ販売していきます。

また可能な限り早期に、取扱い商品を嶺南一円に広げます。

 

ただ商品を扱うだけではなく

伝統的な製法、手法を守っていく取組にも挑戦したいと思っています。

 

 

そんな流れで

先日、東京クリエイティブ・エッグスさんの説明会に参加しました。

鯖江市や慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究所とコラボし

キュレーションサイトを運営する会社です。

 

 

むぎわら帽子としては

まずは高浜町の特産、名産をご紹介し

コンテンツを発信して頂く流れになりました。

 

 

先方はレンタカー業者とも連携していくとの事なので

当店は高浜の観光情報も提供してきたいと思っています。

 

 

「お、ウチ協力するぜ!」という製造業・旅館業の方は

お気軽にご連絡ください。

E-mail : k-nazato@mugiwara-boshi.com

 

 

名産というジャンルではないけど(お花、雑貨、Tシャツ等)

拘って作っておられる商品は

オーナーセレクトチョイスとしてページを設ける予定です。

※全ての商品をお取扱い出来る訳ではありません。

 

 

ページ制作については盆明けに

京都の先生と打合せが入ってますので

また情報が確定しましたら改めてご案内したいと思います。

 

 

今後は益々若者は減り、高齢化が益々益々進み

人口の増える見通しは皆無です。

対数が減る訳なんで、一人勝ちでは先が短いんですよね。

 

 

次の世代まで商売や町を残す(選ばれる)には

提供側が出来る限り連携するしかないんじゃないかな?

 

 

そうじゃなくても”協力する”って大切な事ですけどね。

 

 

シンプルな事です。

"自分が自分が"って人のやってる商品やサービスが

永く支持される事はないんじゃないかな?

って思うんですよね。

 

 

思いません?

 

 

 

 

 

 

では、良いお盆を♪

 

 

※通販・お取り寄せで人気、楽天スクランキング一位!

余ったパンは使用していません。ラスク専用パンで作る拘りラスク。

お盆休み中もネットショップは24時間ご注文可能です。

甘くないラスクをお求めの方にお勧め

丹波笹山産、黒豆きなこラスク

・ガーリックラスク

↑もちろん揚げていないので低カロリー。

卵アレルギーにも対応しています。