唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~拘りのラスク焼かせて頂いてます~

今までの夏の想い出をシージャム10回に全て込めて・・とか現実問題言ってられないけどスイッチは入ってます!!

シージャムをラスクのむぎわら帽子も応援しています。

 

口に出せなかった夏の想いを音にのせて・・

 

 

とか言ってみてー!

あ、言うのは自由か。

 

 

たとえ発言の自由だといっても

この夏は”お逮夜”したぐらいでしょうか・・

いやー夏って短いよね。

 

 

小浜の夏の終わりの風物詩。

シージャムまで残り4日となりました。

 

 

夏の最後って事で色々と予定がかぶり

「ちょっとバンドなんかをやってまして・・」と

説明せにゃならん状況がありました。

 

 

わたくし興味関心のない人に

「バンドやってまして」って説明するのが大の苦手で

普段の生活では音楽やってる素振りは一切見せません。

 

 

だって、リアクション想像つきますやん?

いや、コッチはアンタが爆笑しながら話してる

パチンコの話も興味ないんだけど、とか思いながら。

 

 

そんな訳で、普段の生活は完全にペルソナ(仮面)。

本当の自分を忘れるぐらいのペルのソナタです。

 

 

これね、セラピー的には”対人恐怖症”らしいですね。

いや、僕の顔がタイ人系とか、そんな話ちゃいますよ。

 

 

恐怖症もなにも

オリジナルのラブソング

(正確には自称ストーカー系失恋ソング)を唄うなんて

俺だって客観視したら笑てまうわ。

 

 

と思ってたら、原因はその逆!

【自分に自信がない】事が原因なんですって。

心の底で自分に失望している事が原因だとか。

 

 

お、おぉ・・・

あながち間違いではない。

 

 

カナリ厳しく育てられたので

自分に自信は無い方かも。

まして幼少期はオオカミに育てられたので

遠吠えしたくなる気持ちを歌でごまかしています。嘘です。

 

 

嫌われることが怖くて自分を隠す事が常習化してませんか?

う、図星。

 

 

反町先生でも言いたい事も言えない世の中なのに

自分、出しちゃっていいの?

【現在の自分ー被ってる猫=クズ(≒非常識)】ですよ?

 

 

結局「常識ねー」とか

当事者のサジ加減で言われんだし。

 

 

まぁこの状況、進行すると自己不確実感が高まり

アイデンティティーの崩壊に繋がるのだとか。

 

 

言われてみれば納得で

バンドをやってる人と接する中では

唯一自分らしい自分でいれてる気がする。

ベール無し。裸も裸。美奈子より裸。

もしビッグダディーがメンバーに加入したら

12人ぐらいのビッグバンドになるぐらい裸。

 

 

ま、そんぐらい受け入れてもらってる感があるんですよね。

 

 

世間では「あれ?隔離政策でも発令されてた?」ってぐらい

バンドマンって社会では阻害される立場なので

結構その辺も仲間意識に繋がってるかもしれませんね。

 

 

コレがピアノとかバイオリンだったら

真逆の立場なんですよね。不思議なもんで。

 

 

ピアノやバイオリンは音大出の先生に月謝が発生しますが

ギターは近所のオッサン先生にビールで支払いも可能なんですよ。

 

 

何ですか、この違いは?

ギタリストなめんなよ。

ビールで納得するけどね。

 

 

ビールで納得しちゃう実は人の良い人間の多いバンドイベント

シーサイドミュージックジャムは28日(日)です。

 

 

個人的にもギアがトップに入り

日々の練習に熱が入ってます!

それもリアルの社会では「練習してます!」

なんて絶対いいませんけどね。

 

 

分かってよ。

あんたのウォーキングと同じ努力なんすよ。

あんたが炭水化物抜くのと同じなんだよ。

俺ギター好きなんすよ。

 

 

あとがき。(ちょっと告知) 

 

 

まだ大一番を終えてないので

全くミーティングが進んでいませんが

9月24日(土)にはブレーメンの音楽祭も企画しています。

 

コチラはライブというよりは

交流会というユルく楽しい感じで考えてます。

対バンなし、THE BREMENSワンマンを予定しています。

 

 

 

 

 

ちょー不安。

では。