唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

若狭見聞録

~仕事、音楽、ランニングを全力で楽しむ~

Let' 家飲み:ビール・ワインのおつまみシリーズ。

動いた後はビールが美味しい!

 

4月から正式にコーチとして参加している

地元のミニバスの練習へ参加して帰宅すると喉がカラカラ。

 

 

先輩に誘われ”かるーーーい”気持ちで見学に行ったバスケ。

何故かコーチになってる現在・・

 

 

あーー壺買いそう。

部屋に入れられたら壺買っちゃうタイプの自分が怖い。

 

 

 

 

でも一生懸命って魅かれる。

特に子供のひたむき加減にはやられる。

 

 

夏には二度の準優勝を経験し

監督もジュニアチーム(四年以下)にも注力されだしたので

できる限り協力したいと思っています。

 

 

バスケも音楽も仕事も

一生懸命には全力で協力!

 

 

ビールと言えば、おつまみにおすすめの

若狭ラスク・ガーリック味。

 

f:id:k-nazato:20160906152514j:plain

 

甘くないラスクをお探しの方にもお勧めです。

 

 

自分で言うのもなんですが

食べだすと止まらない(;^ω^)

 

 

でも、頑張った日ぐらいOKでしょ!?

自分へのご褒美。

 

 

mugiwara.shop-pro.jp

 

 

ガーリックラスクも結構な手間がかかっています。

まずはラスク専用パンを1.2mmにスライス。

 

f:id:k-nazato:20160907143359j:plain

 

f:id:k-nazato:20160907143419j:plain

 

通常、ラスクは0.5mm~1cmの厚みですが

それはハードなパン(フランスパン等)を用いるので

それ以上だと固くて食べづらいという理由なのですが

当店のラスクは菓子パンの生地をベースとした

ラスク専用のパンを用いていますので

2cmでもサクサクとお召上がり頂く事が可能です。

 

 

オーブンで両面をカリカリに焼いた後

特製ガーリックソースを1枚1枚丁寧に塗ります。

 

 

f:id:k-nazato:20160907110001j:plain

 

 

再度、オーブンで美味しそうな焼き色がつくまで焼いたら

低温で翌朝までじっくりと乾燥させて出来上がりです。

 

 

通常、ラスクに使うパンはハードなもので

カリカリと固いイメージがありますが

当店は菓子パンの生地を使う事で

サクサクとお召上がりやすい食感に仕上げています。

 

 

また通常10分の焼き時間で仕上がるラスクを

1晩かけて低温でしっかりと乾燥する事で

一段とサクサクに仕上げています。

 

 

拘りの食感を出すために

手間を惜しまず製造しています。

 

 

美味しくお召し上がり頂くために

温めたトースターで30秒ほど加熱して下さい。

窯出しラスクのような味わいが、ご自宅で甦ります。

 

 

ビールの他にも白の辛口ワインもお勧めです。

白ワインは冷蔵庫で冷やしたものでもOKです。

※白ワインは果汁のみを発酵させたものなので渋みはありません。

 

 

ガーリックの味をお楽しみ頂くために

ソーヴィニヨン・ブランではなく

シャルドネを使用した物をお選びください。

※ソーヴィニヨンは、トロピカルフルーツのような香りが特徴です。

※2.ソーヴィニヨン・ブランには未熟と完熟があります。

 

 

ボトルは緑が辛口、甘口は透明になってます。

僕ならガーリックラスクの場合は辛口でしょうか。

 

 

特別なワイン以外は、新しい方が美味しく頂けますので

”何年物”に拘られる必要はないかと思います。

 

 

店主お勧め白ワインは

コノスル オーガニック シャルドネ(送料込み1,300円迄)

 

 

お口に合わなかった場合は

あさりのワイン蒸しを作ってみては?

 

 

では。