唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~拘りのラスク焼かせて頂いてます~

オジサンは制服を着てもオジサン。

弊バンドの練習スパンは

平均すると週一ぐらい。

 

「全員が揃う」となると

平均では月一ペースかもしれない。

 

多い少ないはさておき。

”僕の”活動基盤の1つにレコーディングがある。

 

当然、THE BREMENSでも

何度かレコーディングを行ってきたけど

練習以外にレコーディングの時間を取るのは非常に困難なのです。 

 

 

学生の頃に戻りてー!

何が忙しいとか言ってたのか分からない学生の頃に戻りたいよ。

せめて制服を着て、気持ちだけでも学生に戻っちゃおっかな。

 

f:id:k-nazato:20160909094228j:plain

 

 

まして、僕はエンジニア役なので

誰かのパートを録る際は自分の練習が出来ない。

 

時間がないとか言いながら

エンジニアって響きがいいからツイツイ知識を追いかけちゃう。

ハイパーメディアクリエーターみたいにモテんじゃないか?つって。

 

ヨコシマな考えでギターが下手になってます。

さいてー。

 

 

しかも、そのヨコシマな妄想タイムがメンバーの数だけ必要で

更に編集、ミックス、etcと膨大な時間を使います。

 

 

でもね真面目に頑張ってるんですよ!

福井・クリエーターの検索でトップに表示されるぐらい頑張りたいけど

クリ英ターホームは強敵なんだよな・・

 

 

ハシゴ酒抜きで本音をいうと

「レコーディングなら俺に任せなよ」って

人材が現れるに越したことはないんですよ。

幻の6人目(シックスマン)がね。

普段はステージで見えないミスディレクション

 

 

今の状態ではルパンが斬鉄剣を持ってる感じですから

五右衛門を探さなきゃねー。

一番は不二子が理想ですけど。

 

藤子ちゃいますよ?

誰がドラえもんだ!って。

とっても大好き♪じゃねーよ!って。

 

 

 

まぁ今気づきました。

レコーディングも活動に入れると

集まる期間は不足気味という評価になるんですね。

 

 

それでもバンドの音って残したいので

なんとか練習中の音源を

完成形に仕上げていきたいけど

結局のところ編集に時間がかかる。

 

 

修正有か無修正か・・

絶対に負けられない戦いがそこにはある。 

 

 

あ、右の音が小さい

あ、ブレイクで不要な音が入ってる

あ、ちょっとリズムズレた・・

 

 

リニアテレコの一発録りも魅力的ですが

いかんせん、実力が一発録りに対応していない(笑)

アマゾンの奥地でiPhoneを持ってるようなもん。

っていうか、それならライブ音源でいい。

 

 

ブツブツ言いながらも

実はシージャム後から一人でコツコツと録ってます。

自分のパートだけなら練習にもなりますし

編曲パターンを考える時間もあります。

 

 

たまにベースを弾いたりもしますので

コレはソロ活動になるんかなー?

 

 

バンドでのレコーディングと比べ

自分パートに対する妥協が少なくなります。

っていうか、色々試せる。

 

 

アコギなんて弾く予定もないのに

アコギ中心に録ってたり。

 

 

ライブもいいけど

音源も聴いてもらいたい。

 

 

車中やスマホのお供になって

ライブとか思い出しながら聞いてもらえれば最高!

 

 

まぁ・・あんま深く考えず

出来る事をしますか。

 

 

では!

 

 

▽コチラも読まれています。 

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com

k-adlib.hatenablog.com