唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄う商人の若狭見聞録

~若狭の紹介と雑記~

あの日本郵便でさえ。

昨日の"田舎の自営業者跡継ぎ問題"に関係あるかな?

 

k-adlib.hatenablog.com

 

今朝、こんなニュースを見つけました。

headlines.yahoo.co.jp

 

マイポストってのがスタートするよって内容ですが

何故そうなったかというと

配達員の人件費に経営を圧迫されているって話です。

 

あの日本郵便でさえ経営を圧迫され

利益率の悪い事をやっている・・

そんな中で田舎の小商いに何が出来るんでしょうか?

 

人口が減少し、数を販売する事は難しいので

利益率の良い商品を!とか言われてますけど

利益率の高い商品って、単純に高価な商品ですよ?

 

やれ付加価値や言われますが

自動車でいうと、軽やスモールカーより

「レクサスやクラウン売りなはれ!」

って言われてるようなもんです。

 

最近の自動車販売台数1位は

やはりプリウスです。

一部の企業では景気の改善がみられ

再び高級車が売れ始めたと言われていますが

んなもん回転寿司も知らない様な”富裕層”だけ。

 

つまり”富裕層”相手に商いをしろって意味だとしたら

商圏は限りなく小さいです。(深いけど)

 

そこで昨日の話題ですが

その小さな商圏に大量生産(設備投資やOEM)を行うとなると

少し矛盾してる気が・・?

 

大量生産が流行るという事は

機械化が行われ、仕事が簡略化され

賃金が下がり、デフレは続くというサイクルだと思うんです。

 

現実問題、目先の事を考えずに

長く広い意味で考えれば

職人さんを雇い、増やしていくのが

もっとも正しい雇用の増やし方ではないでしょうか?

 

理想は地元の経済なんて

地元で回せるにこした事ないんですから

トランプのTPP脱退も悪くないと思います。

 

もっと必要とされる職人、お店に成長しなあきません。

あー難し。

 

 

えーアイディアがあったら

マイポストに入れといてくださいw