唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~ラスクマニアの、ラスクマニアによる、ラスクマニアの為の政治、いや、ブログ~

インディーズレーベルを立ち上げて、上手くいかなきゃ止めればいい。

音楽 レーベル

 

どーも。ナザトです♩

 

f:id:k-nazato:20170118122220j:image

 

主たる業務はパン屋なのに、殆どインディーズレーベルの立上げや運営についてのアクセスが占めるブログを運営しています。有り難い。

 

皆さんの予想通り、自身もバンドマン、弾き語りすとをやっている社会人バンドマンです。

 

オリジナルの曲を引っ提げ、Mugiwara Recordsというインディーズレーベルを運営しながら活動しています。

 

レーベルと言っても、自分の楽曲は自分で管理したいという、立ち上げただけのレーベルなので、アクセスして下さる皆さんが求めてる内容は見つからないかもしれませんが、何かヒントにでもなれば幸いです。

 

レーベル立上げのきっかけは?

 

ナザトが大阪を活動の拠点としていた頃に所属させてもらっていたレーベルがありまして、そこでの運営方法とか、上昇気流の乗り方を見ていたら「自分でも出来んじゃね?」と思ったのがキッカケ。 

 

今ではインディーズよりプライベーターが主体なので、セルフプロデュースは必須ですが、ここでは楽曲管理の他にも触れたい内容があるので、インディーズレーベルの話を進めさせて頂きますね。

 

インディーズレーベルは”立上げましたー!!”と言えば立上げ完了なので、立ち上げるだけならパソコンより早くて簡単です。

 

それでも星の数ほどあるレーベルの中で、目立つレーベルがあるというのは”何か光るもの”がそこにあるんですよねー。

 

例えばMaltine Recordsさんなんかが有名ですね。

f:id:k-nazato:20170118134133j:plain

 

まだ20代前半の頃は、直接代表にメールして

ノウハウを質問したりしたもんです。

若いって素敵。

 

CDの売上減少に比例して抱合せで売る手法が当たり前になりました。

カフェを経営しながら運営するレーベル

古着屋をしながら運営するレーベル

何軒かお邪魔した事がありますが、大抵レジ横にDTM(作曲システム)が組まれていました。

店番をしながら作曲活動をするわけですねー。

懐かしのシーケンサー”QY70” を使ってる人もいたけど、自分のとは違いハゲハゲで”使いこんでるなー”と思った記憶があります。

 

ナザトが事務作業をする部屋にも、ギターが置いてありますし、スマホに作曲系のアプリを入れてますので、演りたい欲と戦いながら仕事していますw

 

まぁ沢山のレーベル運営者がいますし

今だったらtwitterとか気軽に絡めるツールもあるので

返事スルーを恐れず、どんどん質問されてみてはいかがでしょう?

 

今後は給料を払っていきたい。

ナザトの場合はパン屋を経営しながら

インディーズレーベルを運営しています。

 

現状、半ボランティアのような運営をしていますが

今後は給与を支払える運営を心掛けたいですね。

そこが趣味とガチの境目でしょ⁈

 

都市部のライブハウスでさえ、PAは超低賃金か”勉強させてあげる”ってスタンスで無賃労働なのに、果たして田舎でそんな事が実現出来るのでしょうか?

 

とは言え、身銭を削って作る音楽は先細りの一途。

弊バンドも今年は有料音源をリリースして

少しずつ成功事例を作っていこうと思います。

 

販売枚数など参考までにアップ出来ればと考えています。

これからの音楽活動は断然”田舎が有利”を有言実行!!

 

では、お手を拝借!!

  

k-adlib.hatenablog.com