唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋の日報

~漁師町の商人~

京都からも近い福井のライブカフェMugiwa Live 開始直前編

 

これまでの雪が

f:id:k-nazato:20170130195023j:image

嘘のように解け始め

f:id:k-nazato:20170130195110j:image

る事はなく^^;

翌朝ラリー雪掻き。

(車で走りまくって解かします…)

f:id:k-nazato:20170130195337j:image

ある程度、仕事を済ませてから

子供の席上揮毫に付添い小浜へ。

f:id:k-nazato:20170130195447j:image

親は会場に入れんとは知らず

車で1時間待ちぼうけ。

車中で出来る仕事をしてました。

f:id:k-nazato:20170130195823j:image

帰宅後、急いで設営するも

ココから急な仕事が連続で入り混乱

 

設営は前日までに済ませたいとこですが

普段はラスクの荷造りの場としても使っているので

当日の10時頃までは不可能なんですよねー。

 

多業種業務の難点ですが

それを言っても始まらない。

 

 

なんとか

15時〜東京HOT ROADのリハに間に合いました。

 

そう、イベントを円滑に進める為に僕が出来る事は

しっかりと個人練習をしておく事。

 

出来ない事は出来ない。

出来る事をしっかりしておくべきなんです。

 

そのおかげで、初合わせの割に

リハは小一時間もかからず終了。

ゆっくりと飲む時間ができました(笑)

 

お酒を飲まないにしても

バンドマンの交流には

そんな無駄…いや、気怠い時間が必要です。

 

例え良い演奏が出来ても

交流が深まらなくては無意味。

 

”アイツと演って楽しかったな”が次回に繋がり

”アイツと仲良くしたい”が個人練習の時間を増やす。

 

違うか⁈(笑)

 

自分の為に…では独りよがり

誰かの為に…が、自分の為に繋がるのだ。

 

その為には

しっかりと個人練習をしておく事。

 

音楽に真摯に向き合う事は

メンバーと真摯に向き合う事だ。

 

そして、コレが全てではなく

コレは最低限の話。

それでも上手くいかない事もある…

 

バンドマン、バカそうに見えて

結構大変^^;

 

では、お手を拝借‼︎