唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~ラスクマニアの、ラスクマニアによる、ラスクマニアの為の政治、いや、ブログ~

イベントに関するお知らせ

レーベル 音楽

本日、2月18日(土)に予定していました

ブレーメンズの音楽祭は、諸事情により内容を変更して開催させて頂く事になりました。

オープン時間は16時⇒17時へ変更。

内容はライブから公開練習&交流会となりました。

ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

 

それにしても

 

人口1万人強の街でイベント業務を行うって大変。

いつも困った時は、この本を読んでハートを奮い立たせている。僕のバイブル”東北ライブハウス大作戦

 f:id:k-nazato:20170218110037j:image

ウチも音楽で地域を活気づけたいぜ‼︎

んな訳で、本日は当店のライブ事業について。

 

当店の2階では月1ライブを開催している。

ラスクの繁忙期である”7.8.11.12月”は

お休みしているので、実質たった年8回。

 

月1ならではのメリットもあるけど

当然デメリットもある。

 

例えば今回のイベントを中止にした1つの理由として”仕入れ”がある。もし開催出来なければ、全て廃棄になる。廃棄は最低。

 

海外のライブハウスのような運営スタイルで”BAR+LIVE”という感じに移行しようとも考えてますが、本業がパン屋の為、営業時間が違いすぎて難しい。昔、それで身体を壊してるので、二度とヤダ。

 

アカン・・出来ん理由ばかりあげている。

 

単純に誰かを雇えば可能なわけだけど、そこに自分がいなきゃ意味を感じないし、居なくても回るなら、わざわざ高浜で営業する理由はない。

 

では、パン屋を辞めてBAR業に注力するという案もあるけど、アーティストの絶対数が少ないという問題にぶち当たる。っていうか、子供との時間が減るのは耐え難い。

 

であれば、パン業と同時進行はどうでしょう?

そう。ライブを日中に行うのです。しかしそれも共働き率ナンバー1の福井県では厳しい…

 

今ではロフトの平日ブッキングでさえ空きがあるそうだ。毎日が週末というコンセプトを目指したいけど、土曜日に爆発するというのが現実的なのか?

 

更に最近では、近隣地域とのイベントが被り、アーティストの確保も難しくなった。悲しきかな、お目当のイベントに自分が出れなくなる場合もある。

 

まぁ、自分とこのイベントを一番楽しくしろよ‼︎って話ですよね。

 

今日も午後から打合せが入っていますが、最近は京都府舞鶴市方面の方々とも連絡をとっています。新しいバンドとの出会いは必須だ。

 

ウチを選んでもらえるように、しっかりとコンセプトを打ち出していきたい。

 

課題は多いけど苦痛に感じひんって事は、やっぱ音楽が大好きなんでしょうねー。もっと楽しい空間を作っていきます!!無い頭捻りますわ。

 

では、お手を拝借!!