唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唄うパン屋"JAM LIFE!!"

~ラスクマニアの、ラスクマニアによる、ラスクマニアの為の政治、いや、ブログ~

報道されてない特産品。

高浜町 ラスク・パン

本日は3時起き。

夜のバスケ見学まで持つんかいな・・

 こんにちは。むぎわら帽子、名里です。

 

仕事上、よく検索履歴を調査しますが

まぁ”ハラダのラスク”の調べられてること!!

 

ハラダ、シベール、東京ラスク、ブルボン、etc

沢山の大手が美味しいラスクを大量生産する中で

手作りのラスク、手作り製品の存在理由に悩みます。

 

 

手作りも機械製造も商品は美味しくて当たり前。

なら違いは”人”にしかない。

だから僕は”人”をフューチャーしたい。 

 

f:id:k-nazato:20170208124735j:plain

 

手作りって、人との繋がりで文化やで‼︎

名言。

 

 

返礼品の窓口を担当するにあたって

 

高浜に眠るストーリーを掘り起こして

全国の皆さんに訴えかけたいと思います。

 

せっかく”高浜の文化”になっている

良い商品があるのですから!!

 

そして

 

まだまだウチのラスクは歴史が浅いですが

文化になるぐらい続けたいなと思います。

・ 

その為には地産の素材も使わなね。

 

f:id:k-nazato:20170303085418j:image

 

濃厚バターラスクの砂糖を付ける前の状態です。 

実は、このままでも既に美味しいんですよね。

 

なので、この状態で地元の特産を付けて食べるというスタイルもアリでは?と思っています。ウチで買い取る事は難しいので完全受注になりますが、実現させたいなー・・

 

地産の素材を使ったラスクと言えば

f:id:k-nazato:20170303085408j:image

 

先ほど”ハマナスラスク”についての報告が終わりました。

だいぶ最終段階がイメージ出来てきました。

 

4月に販売出来たらいいな~♪

新作が町のPRになるのが待ち遠しいです。

 

現時点でハマナスラスクは返礼品とは別事業ですが、必然的に返礼品事業とも絡んでくるでしょう‼︎ 

 

と、言いますのも

 

先日、返礼品に関するミーティングが、カナリ有意義なものになりましたし、某バイヤーさんとも高浜の特産品を扱ってくれるという、凄く良い話が準備出来てますので、地域に大きく貢献できるとワクワクしています。

 

特に返礼品事業に関しましては

ダイレクトに町政に役立つ仕事ですし

現在の給食以上に遣り甲斐を感じます。

 

成功の定義は難しいですが

皆で笑顔になれるように頑張ります!!

 

H29は、変動の1年になると思うので

貪欲に学んでいこうと思います。

 

夜は

 

お風呂が故障中のため祖父母の家へ。

f:id:k-nazato:20170303085427j:image

 

安心して下さい。

青信号ですが、田舎の夜は交通量が少ないので

しっかりと停車して写真を撮っています。

 

f:id:k-nazato:20170303085434j:image

 

漁師町、塩土地区。

決して深夜ではありません。

まだ19時頃です(笑)

 

帰宅後、仕事の続きをして

寝る前に少し自分の時間を。。

 

f:id:k-nazato:20170303085445j:image

 

では、お手を拝借!!

 

mugiwara.shop-pro.jp