海の見えるパン屋の日報

むぎわら帽子の日報

~Since1986 海の見えるパン屋、県知事承認の若狭特産品市場のオーナーブログ~

脱アプリ童貞!ガレージバンド初宅録の終了後、僕のとった行動に全米が涙

k-adlib.hatenablog.com

 

 

突然のMTR故障で判断を余儀なくされておりましたが、考え抜いた結果iOSアプリのGarageband(ガレージバンド)を使ってみる事にしました。以前からiPadを使って宅録作業が出来れば”自由度が高いのにな”と思っていたのです。

 

 

ガレージバンドを使用するには

DAWを行うときと同じく”オーディオインターフェース”が必要になります。アナタがボーカル、ギター、ベースパートであるなら、1ch(ジャックを挿す場所の数が1ヵ所という意味)のものでOKです。

 

 

f:id:k-nazato:20170422074137j:image

 

代表的なオーディオインターフェース”iRig(PRO)”

 

 

会社ホームページ

IK Multimedia. Musicians First

 

 

***

 

 

f:id:k-nazato:20170422070412p:image

 

 

難しい設定は不要。接続してスグに使用が可能なところも嬉しいですね。ギター、ベース、ボーカルを宅録してみましたが、以前使用していたMTRより綺麗に録る事ができましたMTRではボーカルが録りづらいですが、ガレージバンドは声に対する感度も充分。今後、メインになっていく感が漂ってきました。

 

 

最大のデメリットはドラム録音

f:id:k-nazato:20170422070321j:image

 

 

ドラムはマイク1本で宅録するわけにはいきません。もちろん、できなくはないですが。最低でもマイクを2本使いたいところ。iRigを買ってしまったうえでの対応策を3つ考えました。

 

1、マイク1本で録ってしまう

2、スネア、ハイハット、などパーツごとにトラックを分けて録る

3、生ドラは諦めて、ガレージバンド内のドラムを使う

 

バンドにドラマーがいる場合は検討が必要ですが、ドラマーが不在の場合は全く問題ないと思います。

 

 

もし、エレドラをお持ちでしたら、モノラル出力で対応が可能だと思います。(実践した事はありませんので、自己責任でお願いします)

 

 

こんな事も可能です

ガレージバンドにはサンプラー機能がついているので、ドラマーが使用しているスネアを録音・編集し、鍵盤を演奏するように打ち込んでいくという手法も可能です。"少しでもドラマーの血を音源に流したい"という方におススメです。

 

 

f:id:k-nazato:20170422070235p:image

 

 

それにしても、アプリでの宅録はiPad1つで出来てしまうので、場所や手間が省けて快適です。MTRやミキサーって大きいですからね。(その大きいのが好きなのですが)

 

 

f:id:k-nazato:20170422070327j:image

 

 

こんなマイクセッティングの時間を省略して、ギターや作曲の時間に充てるべき?とか思いながらも、基本的に好きなんでしょうね・・

 

 

f:id:k-nazato:20170422070330j:image

 

 

ガレージバンド内のアンプシュミレーターを使用すれば、家族と同じ部屋にいても宅録、または練習や音作りが可能です。アンプを鳴らす必要がないのは大きなメリットだと言えそうです。

 

 

f:id:k-nazato:20170422070408j:image

 

部屋にギターを持ち込むの図

 

 

 

アプリで初宅録の感想

手探り状態ですが、説明書無しでも何とか扱えそうな感触です。まだまだMTRやドラムマシーンに戻りたくなる瞬間がありますが、軽く宅録してみた感じでは、EQを触りまくる事もなく他の楽器と馴染んでくれる印象を受けました。それだけ綺麗に録れているのでしょう。

 

デモ作りは十分すぎますし、宅録にも十分使えるアプリです。いい時代になりました。

 

 

***

 

 

ガレージバンドに関する質問がございましたら
コメント欄からお気軽にどうぞ。