唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

若狭見聞録

~仕事、音楽、ランニングを全力で楽しむ~

ライブ出演の一番の問題はジュルスケ確保

 

k-adlib.hatenablog.com

 

 

先日の七夕ゲリラライブを終えてからスグに

ビーチラグビーの熱戦が冷めやまぬ和田ビーチへ。

 

 

BOROさん主催の関西インディーズバンド大会の決勝でステージを共にした滋賀県野洲の藤堂パイセンとご一緒させて頂きました。

 

インディーズバンドの決勝は神戸チキンジョージで開催され、全10組ぐらい出演してたのかなー?偶然、席が隣になり会話が弾んで現在があります。縁ってホンマ不思議。

 

 

 

ところで、夏は・・というか、しばらく地元でのライブ予定は無いハズでしたが

"ゲリラ"と"配信"というスタイルで、先週は2本も演らせて頂きました。

働くおじさんバンドには、拘束時間の少ないライブはハードルが低くていい。

 

何気に「ライブが出来るかどうか」というのは

練習よりジュルスケ(スケジュール)の確保の方が難しかったりする。

 

まして、我々子育て世代は打上げで二日酔いになってる場合ではない。

なぜなら、遊んだ翌日は10倍返しの家族サービスが待っているからだ。

このサービス内容で、次回のライブ出演時の反応が変わる。過酷。

 

ライブの翌日は奴隷。

そんな言葉ピッタリくる。名言!

 

そしてヘトヘトで迎える月曜日。

後悔の量が二日酔いよりすごい。

 

 

それでも唄いたい大バカ野郎。

夏中に1本オファーを受けております。

 

コチラもタイミングというか、色々重なって出演に至りました。

 

本番ギリギリまで乗り越えなくてはいけない事があるので

気が気ではありませんが、特別な思いでステージに上がらせて頂くつもりです。

 

では、お手を拝借!!