唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋の日報

~漁師町の商人~

2017新宮神社、愛宕祭りじゃー‼︎ワッショーイ‼︎

週末の愛宕祭りに向け、昨夜は最終リハでした。

 

 

それなりに練習して本番に挑むんですが、”何か”がない事には、前回をこえる演奏をするって難しい。例えばそれは”初ライブ”だったり、ラストライブみたいな。無から1より、有数から無の方が流れにあってるかな?やっぱ終わりがある方が燃えない?

 

皆で集まって、ワーワーいう為に演ってるわけではないので(それはそれで楽しいけど、音楽を外しても可能だし)、毎回”及第点”では、これだけの時間を割くわけにはいかない。

 

何が言いたいか?

 

例えば、Aという曲を演奏するのは、今回を最後にしよう‼︎とすると、練習から変わってきます。当然、本番も変わります。そんなん欲してますねや。

 

終わりがあるから、次に向かえるの。

ワタシ、そう思う!←⁈

 

みんな見にきてね♩

では、お手を拝借‼︎