唄うパン屋(むぎわら帽子2代目オーナー)

唄うパン屋の日報

~漁師町の商人~

男は黙ってアンプ直!ギターボーカルの音作り。

クッソ忙しいお盆前に、地元神社の夏祭り”新宮神社愛宕祭ライブ(初出演)”を無事に終え、余韻に浸りながら次なる活動を考えているアラフォーバンドマン。とにかく今は自由に、アコギを弾いたり作曲をしたり、音作りをしたりしています。もちろん、仕事も鋭意取組んでいます。

 

一応、毎回120点のライブを目指しているので、体調管理、練習など、好きな事をしてるのに結構疲れてます。しかし、この忙殺されそうな中、無事に全工程を終える事が出来てホッとしています。打上げに出てたら、今頃PC前で即身仏になっていたかもしれませんね。。

 

 

男は黙ってアンプ直‼

最近はライブの場所や環境の都合でマルチエフェクターのGT-100を使っていますが、昨夜は久しぶりにアンプ直(マーシャルDSL15h)や、コーラスのみを繋いで演奏してみました。

 

f:id:k-nazato:20170809162813j:image

 

やっぱハリのあるサウンドは最高です。もぅアラフォーには無いハリ!もっとハリをくれ!そして頑張って買ったPRS(10TOP)は「俺がなんとかしてやるよ」と言わんばかりのポテンシャル。部下(エフェクター)を使わず、社長自ら直談判をしているような・・。そう、僕の音を一言で現すなら”青年実業家のようなサウンド”というキャッチがしっくりくる。(なんのこっちゃ)

 

ただウチのアンプはリバーブが付いていないので、空間系(コーラス、ディレイ、リバーブ、など)だけでもGT-100を使う事が出来ないかな?と考えています。(基本の歪みはアンプ)

 

f:id:k-nazato:20170809163131j:image

 

アンプの購入も検討していますが、遠征の時は荷物が少ない方がいいですからねー。音がいいなら、iPadのアンプリチューブで何とかしたいぐらい。ギターも借りたいぐらい。←やめちまえ。

 

とにかく、アンプを車で運ぶのは振動で真空管が壊れた事があるから出来るだけ避けたいし、更にライブから帰宅後に担いで階段を登るのが苦痛過ぎます…。特に飲んでる日なんて最悪です。運転もしたくない。(出た!面倒くさがりw)

 

ライブハウスには、たいがいマーシャルやJCがありますが、この辺り(田舎)でライブをする際は、どんなアンプがくるか分かりません。場末のスナックみたいなもんです。行った事ないけど。

飲食店でのライブも流行っているので、アンプが無い場合もあります。なので、様々なスタイルを想定して音作りをするか、毎回自前の機材を持ち込むか…です。田舎ミュージシャンあるあるです。

 

んな事を言うてますが、ボリュームとピックアップをいじるだけで、色んな音を出せるギタリストに私はなりたい。でも願わくば、勝手にいい音が出てほしいw

 

では、お手を拝借。