海の見えるパン屋の日報

むぎわら帽子の日報

~Since1986 海の見えるパン屋、県知事承認の若狭特産品市場のオーナーブログ~

福井大雪の爪痕

f:id:k-nazato:20180305111718j:image

 

ミニバスの遠征で鯖江市へ行きました。

頻繁に遠征へ行ってるイメージが定着しているかもしれませんが、監督の仕事の都合で実は結構久し振り。遠征がないと少しホッとしてる自分がいますが、大事な大会で上を目指すには遠征などで色んな相手と試合をし、上級審判のホイッスルになれる必要があります。

 

「オマエはドコをめざすんだよ?」と聞きたくなりますが、できる限りの事をするのが親の務めでしょう!二人三脚で歩けるのも今だけ。中学にでもあがれば最も傷つく形容詞の一つ「うざい」をミリオンヒット連発されるでしょうから(笑)

 

言うても上達している姿を見るのは嬉しいですし、やはり音楽と一緒でライブ観戦に勝るものなしです。泣いてる姿も、スネてる表情も、数年先に思い返せば全て良い思い出でしょう。

 

なので感情を押さえ込んだ賢い姿ではなく、ありのままの気持ちをブツけてほしいですね。人の意見を聞く事は大事ですが、子供が賢すぎちゃダメだよ。もっともっと反抗してこい。上に行くには闘争心は大切です。

 

さて、上の写メは鯖江東小学校のグランドです。

 

福井の大雪がニュースをジャックしたのは1ヶ月前。

まだこれだけの雪が残ってるとは思ってもみませんでした。

 

まして昨日は少し動けば半袖半ズボン(スポーツをやる者にとっては)でも大丈夫な陽気でしたが、まったく溶ける気配はありませんでした。

 

花粉症が出てきたので春が待ち遠しいとは言い切れませんが、一刻も早く雪の影響なく普通の暮らしが出来るように願ってます。

 

では。